合格者の声

津田塾大学(学芸部国際関係学科)合格

高山夏美さん(都立町田高校3年)

 私は受験するにあたって英語の勉強を基礎からやり直そうと思い、高2の冬に入会しました。英語の授業は少人数で質問がしやすい雰囲気でした。また、解りやすい説明で基礎から発展まで幅広く教えていただきました。受験では第一志望としていた津田塾大学の前期のA方式試験に落ちてしまいましたが、もう一度チャレンジしようと後期のB方式試験を受けることを決意しました。しかし、その試験は英語のみの試験で小論文も含むかなり難しい内容で何度もくじけそうになりましたが、本多先生に英語の長文の解説を、現代文の野中先生に小論文の添削をしていただき、やりきることができました。受験期間中は本当に辛かったですが、合格通知を受け取ったときは、最後まで諦めずに本当に良かったと思っています。第一志望の大学に合格できたのは本多先生をはじめとする先生方、チューターの皆さんのサポートがあったお蔭です。本当にありがとうございました!

早稲田大学(文化構想)合格

宮崎直子さん(桐朋女子3年)

 私は高3の四月にTSKに入会しました。遅いスタートだったこともあり、正直何から手をつけたら良いのか全く分からない状態が続きました。しかし、最初の二ヶ月間毎日のようにチューターが使いやすいテキストや受験に向けた勉強の計画などについて親身に面談をしてくださいました。そのお陰で自分が今何をすべきなのかが見えてきました。英語は基本的なところから初めて習うことばかりで、大丈夫かな?と、とても不安でしたが、本多先生を信じて一生懸命予習と復習に取り組み、秋には模試で八割から九割とることが出来るようになりました。受験直前には授業以外に個別で英作文を添削していただきました。途中不安でくじけそうになった時も何度かありましたが、自習室でひたすら机に向かうみんなの姿をみると、「自分も頑張らなくちゃ!!」という気持ちになりました。

 本多先生をはじめ、チュータそして同じ目標に向かって一緒に勉強している仲間が周りにいたことが、私にとってとても大きな支えとなりました。本当にありがとうございました。

早稲田大学(スポーツ科学)合格

小浜廉太郎君(都立調布北卒)

 僕は英語が本当に嫌いで、ずっと遠ざけていたために現役での受験を失敗してしましました。浪人生活を始めるにあたって、英語の授業に力を入れているTSKに入ることに決めました。本多先生の授業は、今まで受けてきた英語の授業と全く違い、とにかく「理解」を大事にする授業でした。理系の人にとって理由のない暗記は苦痛だと思いますが、TSKで教えてくれる英語はとにかく「理解」が大前提なので英語が苦手な理系の人にこそTSKを薦めたいです。TSKで英語の成績が伸びなかったら他のどの予備校に行っても英語の成績は伸びないと思います。また、TSKでの一年間は自分を人間的にも成長させてくれた一年間でした。浪人生活では自分の弱い面が必ず露呈します。そこを修正して支えてくれたのが本多先生やチューターの方々でした。勉強だけでなく、人間的にも成長させてもらった一年間でした。色々とご迷惑をおかけしましたが、最後まで面倒を見てくださった本多先生やチューターの皆様、本当にありがとうございました。

明治大学(情報コミュニケーション)合格

K・K君(東京農大一高卒)

  私は、高校卒業後1年経ってから入会しましたが、大学受験勉強に取り組むのは初めてでした。苦手な英語と古文の学習には難儀しましたが、朝9時から机に向かわざるを得ない環境は、生活習慣を規則的にして、受験生としての最低限の土台を整える事が出来ました。英語は、基本文型すらままならない状態でしたが、基礎レベルからの授業を行って頂き、マーク模試では偏差値60前後まで上げる事が出来ました。
現代文は、授業で出される早稲田をはじめとする難関大の問題をこなしていくにつれて、自分の本命のレベルの問題は容易に溶ける様になっていきました。得意だった政経に関しても、入試問題対策に特化した演習方式の授業で、徹底的に穴を塞ぐ事ができ、確実に得点を狙える教科として大きな武器になりました。受験校は、苦手科目の配点の少ない学部を中心に選択しました。(明治情コミや農といった国数公の配分が同じ学部や、法政社会の様に国語が現代文のみの学部)結果的に、それらの学部には全て合格する事ができたので、自分に合った受験校指導を行っていただいたと感謝しています。
 

東京理科大(理学)合格

執行顕介君(桐光学園3年)

 僕はTSKに入会した当初、ほとんど英語の基礎が出来ていなかったので中学英語からやり直しました。

 本多先生の授業はただ暗記するだけでなく、なぜその答えになるかを論理的に説明してもらえるので、

とてもわかりやすく応用も効くようになりました。

 単元ごとに小テストを行うので自分の苦手分野が分かり、さらにその分野の対策プリントを用意してもらえるので

苦手分野を補うことができました。

 また少人数での授業は、質問をしやすくわからないところをそのままにして置く心配もありませんでした。

夏期講習やセンター直前演習などでは短期間で集中的に学習するので、予習や復習が大変なでしたが、

それだけ自分の学力が上がっているのが実感でき、自信につながりました。

 英語が嫌いで苦手だった僕がここまで英語が出来るようになり、合格できたのは本多先生とチューターの先生方のおかげです。

本当にありがとうございました。

 

慶應大学(文)合格

西野裕規君(桐光学園卒)

TSKではレベル別少人数制で、先生と直接対話しながら授業を受けることができ、自分のわからないところもすぐに質問ができるので、その場で解決することができました。英語を基礎から丁寧にやり直すことから始まり、細かい文法の解説や各大学ごとの対策プリント、センター対策演習など、授業内容も充実していました。そして、難解な長文を読むための時間をかけた英文解釈の大切さを学ぶことができました。また自習室は朝9時から夜10時まで使えるうえに、自分専用の席があったので、規則正しく集中して勉強することができました。最後に、厳しいときもあったけれど、本多先生の心強いサポートのお陰で頑張れたと思います。1年間本当にありがとうございました。

慶應大学(文)合格

石井祐太君(桐光学園卒)

僕が浪人生活で一番重視したのは生活リズムでした。毎日同じ時間に来て、机に向かい、勉強するというのは案外難しく、特に浪人生活の後半は朝なかなか起きることができない日もありました。しかし本多先生に言われてこれらのことをきちんとやることによって毎日少しずつ勉強する習慣がついていき、2時間も机に向かっていられなかった僕が最後には10時間以上も机に向かい集中して勉強できるようになりました。そして何より集中して勉強できるだけの環境がTSKにはありました。本多先生はどんな些細な質問にも丁寧に答えてくれて常に生徒と真剣に向き合ってくれました。これほど生徒と先生との距離が近いところは他にないと思います。また本多先生の授業スタイルはとてもユニークで、飽きることなく1年間高いモチベーションで授業を受けることができました。1年間辛くてきつい毎日ではあったのですが、それ以上に楽しい1年間でした。そしてTSKで最高の仲間と会うこともできました。最後に僕をここまで成長させてくれた本多先生や浪人生活を支えてくれた両親に感謝したいと思います。ありがとうございました。

早稲田大学(商)合格

関山昌貴 君(工学院付属高卒)

私がTSKに入会したのは3月の震災の直後でした。それまでまとまって勉強した経験がなかったので初めは何をすればいいのかわからないこともありました。でもチューターや同じ浪人生からのアドバイスもあって徐々に自習に慣れていきました。TSKの特筆すべき点は何と言っても、自習室で、大手予備校のような席取りに悩まされることなく勉強に集中することができたことです。私の英語の授業は一対一で分からないまま先に進むということはなく、理解するまできちんと教えていただきました。授業が受け身になりがちな大手ではなく先生との距離が近いTSKに入ったからこそ、この一年を実りのあるものにできたと思います。短い間でしたがお世話になりました。ありがとうございました。

立教大学(法)合格

末吉克也 君(実践学園卒)

浪人生活が始まり3分遅刻した時に、先生にものすごく怒られたのを覚えています。当時は正直、「3分くらいいいじゃん」と思っていました。しかし、その3分は積もり積もれば何時間にもなるのだと教えられました。時間を守り、毎朝9時にTSKに行くことで緊張感を保ち、生活リズムを整えることができました。そしてそれは浪人生活を送るうえで、かなり重要なことであったと思います。TSKの魅力は授業の質の高さは勿論のこと、先生の面倒見の良さにあると思います。一人ひとりのことを真剣に考え、真剣に叱ってくれます。先生は僕にとって、とても頼りになる第2の父親のような存在でした。先生を信じて頑張れば必ず良い結果が出ます。合格した時、「あの克也が?!」と両親や兄に驚かれました。それほど僕はバカでした。だから、あなたにできないはずはありません。頑張ってください。僕はやっと人生のスタートラインに立てたと感じています。受験勉強の苦しいときに励まし支えてくれた本多先生、お世話になりました。本当に感謝しています。そして僕を今まで支えてくれた家族にも感謝したいと思います。

東京外国語大学(言語文化)合格

K.A さん(立川高3年)

私は入会当初から東京外国語大学を第一志望にしていました。体験授業を受けた時、中学生レベルの基礎的な内容に、「これで大丈夫かな?」と思いましたが、すぐに今まで気付かなかった初歩的なことがたくさん抜けていたことに気付きました。基礎をやり直していくことで、文法だけでなく長文でも構文が自然にわかるようになり、読むのがずっと楽になりました。気がつけば、模試の学校内順位は50番台に入れば良いほうだったのが1桁台に入るようになっていました。結果としてセンター試験の英語で200点満点を取ることができ、二次試験に向けての自信にもつながりました。夏休み中など朝から晩まで英語しかできないほど予習が大変なこともありましたが、今考えるとその苦労が大きな力になったのだと思います。最終的には二次試験の長文も難なく読むことができるほどになりました。TSKに入って本当に良かったと思います。

29 件中 11 〜 20 件(2 / 3 ページ)

このページの先頭へ